商品を探す

時代

価格

商品一覧

太刀 則房

/upload/save_image/04170915_643c8f9b3a3b7.jpg /upload/save_image/04170915_643c8f9b7533b.jpg
/upload/save_image/04170915_643c8fa5eac4e.jpg /upload/save_image/04170915_643c8fa631fa0.jpg
/upload/save_image/04170915_643c8fafe3f10.jpg /upload/save_image/04170915_643c8fb02fde2.jpg
/upload/save_image/04170915_643c8fb8b2d82.jpg /upload/save_image/04170915_643c8fb8ef305.jpg
/upload/save_image/04170916_643c8fc1040a2.jpg /upload/save_image/04170916_643c8fc141a1c.jpg
/upload/save_image/04170916_643c8fcb3a784.jpg /upload/save_image/04170916_643c8fcb76aa5.jpg
/upload/save_image/04170916_643c8fd554ff3.jpg /upload/save_image/04170916_643c8fd58fe86.jpg
 この刀は福岡一文字則房の在銘の太刀で、福岡一文字吉房の子として知られる。 則房は片山一文字の祖ともいわれるが、この太刀には片山一文字の特色である逆丁子はみられない。片山一文字で逆丁子が現れるのは鎌倉中期以降といわれる。
いずれにしても吉房と並ぶ一文字を代表する名工であり、現存する在銘の太刀の中で国宝1、重要文化財4、重要美術品1、重要刀剣9と非常に少なく貴重である。姿は一寸ほど摺り上げてはいるが、全体的には生ぶの太刀姿を呈して気品がある。
鎌倉初期から中期にかけての腰反りで、地鉄は板目よくつんで一面に地沸つき、しのぎよりに乱れうつりたつ。刃紋は丁子乱れを基調として、小丁子、小互目まじり、小沸で明るく冴えた刃紋を焼いて則房中の優刀といえる。

時代:古刀

長さ  71,0cm
反り  1.6cm
先幅  1,7cm
元幅  2,6cm

第17回重要刀剣

お問い合せ

Copyright©2013 taibundo Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページの先頭へ